蔵出し蒼天航路(8) 忍者ブログ
soten_28.jpg

soten_26.jpg

soten_27.jpg
王允の養女、貂蝉。

ともすれば、三国志のヒロインとして扱われがちな彼女も、
蒼天航路では醜女として登場し、
自らの目蓋を切り裂いて「整形美女」へと変異する驚愕の存在でした。

多くの三国志が、主として三国志演義のエピソードを盛り込む中、
蒼天航路は正史の記述を元として描かれているのですが、
時折、演義に基づいた演出が混じりました。
この貂蝉はその最たるもので、演義において創作された存在にも関わらず
重要なキャラクターとして、物語序盤を盛り上げています。
自傷整形によって、朱を引きながら現れた顔は、
内在していた野心が鎌首をもたげたかのような凄みを湛え、
生まれ変わった美女と言うよりも、
新たに現れた、乱世の英雄であるかのような印象がありました。

胸像は、左半分を整形前、右半分を整形後として造形しています。
実際にこんなシーンはありませんでしたが、
蒼天航路の貂蝉を表すならば、こうでは無いだろうか、と。
ちょうど一ヶ月前、あしゅら男爵を作っていたのは、何かの因縁でしょうかね。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23
twitter
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新トラックバック

忍者ブログ [PR]