忍者ブログ


■クリスマスイブですので、チキンを食べました。
メリークリスマス。
 
■そんなクリスマスが終わった直後の、12月26日午前1:05分(25日深夜)
テレビ東京にて「オレの人生にこのアニメあり~日本のクリエイティブの重力~」
という番組が放送され、その番組の中で、
発売を間近に迎えた「GRAVITY DAZE2」の前日譚を描いた、
スタジオカラーさん制作のアニメーション、
「GRAVITY DAZE The Animation ~Ouverture~」が公開となります。
 
こちらに、スタッフとして参加させて頂きました。
 
自分は、グラビティデイズの為にPSVITAを購入したのですが、
その当時は、このような関わり方をさせて頂けるとは、夢にも思いませんでした。
勿論、グラビティデイズ2の為にPS4を購入する予定でおります。
是非ご覧頂ければ幸いです。
 
 
 
■先日も告知させて頂きましたが、明日のクリスマスには、
秋葉原のコトブキヤ5Fにて、17:00よりメガミデバイスのトークイベントも行われます。
展示会「女神ノ彩」は、同日16:00までとなりますので、
こちらも宜しければ是非。
 
 
 
■2016年の12月は、初旬にマジシャンズデッドがリリースされ、
中旬にメガミデバイスが発売となり、
下旬にはグラビティデイズのアニメが公開と、
更には個人的な色々もあって、実に濃密な一ヶ月でありました。
この一ヶ月は、忘れることが無さそうです。
 
駆け足で過ぎ去っていった2016年も、いよいよ終わりです。
みなさんよいお年を。



PR

 

メガミデバイスがいよいよ発売になります。
製品直前のサンプルまでは実際に組立てましたが、
寿屋さん、鳥山さんのご尽力で、とても面白い仕上がりの製品になったと感じました。
マシニーカ規格の第一弾です。是非、手にとって遊んでみて頂ければ幸いです。
 
公式サイトも出来た模様です!
なんと、からしいちさんが漫画を描いて下さってます!

公式サイトの漫画を、からしいちさんが描かれる……
ウッ!あたまが!
何故かは知りませんが人類の革新的なピュリリ音が脳内に響き、
いかんともしがたいデジャブ感で右脳に懐かしい息吹が舞い降りましたが、
デジャブとは要するに気のせいの事なので、あくまでも気のせいなのです。
からしいちさん、ありがとうござます!


■明日17日から25日までは、スタートアップイベント「女神の彩(メガミノイロドリ)」が、
秋葉原の寿屋さん5Fで行われます。
著名な凄腕モデラーさん達が、プラモデルならではのバリバリのアレンジやペイントで、
様々な作例を作って下さっています。これ本当に豪華メンツです!
単なる発売イベントでは無く、作例展示会としても相当なものだと思いますし、
ランペイジ製のカスタムレジンキットも先行発売されるそうです。
 
モデラーさんの作例状況(メガミデバイスハッシュタグ)
 
レジン改造キット情報
 
■イベント最終日の25日には、柳瀬敬之氏を迎えたトークイベントも開催されます。
例年、クリスマスは押し寄せる美女を千切っては投げ千切っては投げ、
部屋中に快楽天の破けたページが舞い散って掃除も大変な浅井ですが、
25日のスケジュールは空けておくよう、エロい秘書に伝えておきましたので、
行けたら行こうと思います。行けたら行く。行けたら……スヤァ……
今回、全然全くイベントをお手伝いできていないのです…スミマセン。
  
ともあれ、2016年の模型納めに、是非お越し頂ければ嬉しく思います。
よろしくお願い申し上げます!
 
 

メガミデバイス公式Twitter






■以前にもご紹介しました、バイキングさん初のオリジナルタイトル、
マジシャンズデッドが、本日より全国のゲームセンターで稼働開始です。

これまでのロケテストや全国キャラバンで実装されていた8人のキャラクターに加え、
正式リリース版では4人のキャラクターが加わり、12人となりました。
浅井は、あきまんさん、コヤマシゲトさんのディレクションのもと、
2人のキャラクターデザインを担当させていただきました。

リープモーションを使ったエイム(照準)は、これまでに無く直感的で、
肘から先、指の一本一本まで高い精度でトレース、
キャラクターと独特の一体感を感じさせてくれるゲームです。
ゲームセンターにお立ち寄りの際は、是非一度体験して頂けると幸いです。

明後日10日には、正式リリース後、初の公式生放送も行われるそうですので、
こちらのほうも是非。


マジシャンズデッド公式Twitterアカウント

公式ニコ生『「マジシャンズデッド」マジデの本性お見せしますSP』(12/10 18:00)
 
■コヤマシゲト、草野剛の両氏によるユニット「CCMS」が贈る大人の絵本「おばけちゃん」
日本アニメ(ーター)見本市においてアニメ化も果たした「おばけちゃん」の、
なんだかよくわかんないけど初の展覧会が、東京中野のSF.DEPTで開催されております。

新作のおばけちゃんネタが、
うすらでかいサイズで薄暗い会場をモノクロに彩るこの展覧会に、
浅井も参加させていただきました。
ちっちゃいフィギュアとか、魔法陣的な煌々と不安な明かりを照らす白いのとか、
記念のハンコ的なのとか、諸々をやらせていただいております。
  
■展覧会は既に先週の土曜から始まっており、次の日曜日(10/23)まで開催されます。
Tシャツやアクリルフィギュアなどの物販は現在品切れのようですが、
随時追加されるようですので、お土産の購入をご検討の方は、
CCMS両氏のTwitterや、SF.DEPTのTwitterで、
在庫情報をご確認の上、お出で頂けると幸いです。
  
■新作パトレイバーへの期待値が上がるにも程がある(まだみてない)、
「劇場上映、ゴーゴー日本アニメ(ーター)見本市」でも上映される「おばけちゃん」
今、おばけちゃんのいまいち便乗になってない感じのゆるい便乗感に、ライドナウ。
 

■おばけちゃん展
コヤマシゲト Twitter
草野剛 Twitter
SF.DEPT Twitter
 
 



■9/7日は、武装神姫の発売から十周年だったそうです。
 開発から考えると11年でしたので、自分の中では、昨年が十周年気分でおりました。
(初代担当氏から最初に連絡を頂いたのが、2005年の6月14日。
 まだ、社内の企画承認も通っていない頃でした)
 
 そんな昨日は、メガミデバイスの製品調整を行っており、
ああじゃないこうじゃないみたいな連絡を、鳥山さん達と取り合っていたわけですから、
随分と長い時間が経った今現在も、僕はまだ、動く少女達と戯れている事になります。
 
 イベント会場などでは、今でもカスタマイズ神姫を持って来てくださる人達が居られるくらいで、深く愛していただいた幸運な企画であったと思います。
 自分の人生の中で、忘れる事の無い重要なピースです。
 
 楽しんで下さったファンの皆様、
 関わられていたスタッフの方々、
 各神姫の父たるデザイナー様方、
  
 まことにありがとうございました。
 
 
 
■武装神姫の開発で中国工場に居た折、ホテルで受け取った、MAX渡辺さんからのメール。当時はまだプラレス3四郎のフィギュア企画でしたが、これが後のfigmaの始まりでした。
 figmaは、再来年で十周年を迎えます。
 タイトルとしての存続年数は、神姫よりも長くなりました。
 一つの製品ブランドがこんなにも長い間、現役で居続けられるというのも、バブル的に広がったフィギュア市場の中では大変幸運な事であると思います。
 
 自分は恵まれたフィギュア屋人生を、皆様に頂いて居ると思います。
 感謝しかありません。
 
 

 





[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
twitter
カレンダー
12 2017/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新トラックバック

忍者ブログ [PR]