忍者ブログ
ワンフェスなんです。
ワンフェスなんですが、何も……何も……何も無く……。
 
今回は出品予定が複数あったのですが、あまりに色々と業務が重なってしまい、
自分のブースには全く手が回らず、不運も重なって……無念であります。
お出で頂く予定だった方には、本当に申し訳無く。
パネル展示が中心の寂しいブースになってしまいましたが、
5-12-04におります。
よろしくお願い申し上げます。
 
 
さて、その分というわけではありませんが、
メーカー様のブースにて、様々に発表がございます。
 
 
グッドスマイルカンパニー様では、
ホビーショーで僅かにお見せした新企画の、本来の姿が発表です。
まだ詳しくは言えませんが、これまでと違うアプローチのシリーズです。
hukeさんが描く、新たな世界を、是非直接ご覧頂ければ幸いです。
 
 
アルファマックス様では、
先の冬ワンフェスで一度展示を行った、ダークアドヴェントが、
大幅な企画修正とギミック増加を経て、再降臨。
こちらも他とはまた違うベクトルの、非常に濃度の高いアイテムとなりました。
 
 
コトブキヤ様では、メガミテバイスがオリジナルシリーズのみならず、
コラボシリーズも含めて広域展開。本当に盛り沢山です。
午後3時30分からは、鳥山さん、野内さん、浅井のいつものメンバーによる、
今回こそはWF終了前に終わろうと心に誓う、濃厚トークイベントが開催されます。
メガミは俺のプラレスラーだ。ミニ四駆だ。カブトボーグだ。
チャージ3回、フリーエントリー、ノーオプションバトルだ。
そんな40代達がお送りする、企業主催であることを忘れたトークイベント、
WF終盤は、コトブキヤステージで共に楽しく過ごせれば嬉しく思います。
 
 
夜には、朝まで生ワンホビTVにも出演致します。
figma10周年ゆえの出演なのですが、生ワンホビTV、なんと2年ぶりです。
深夜のかなり深い時間ですが、何卒おつきあい頂ければ幸いです。
睡眠不足の極みで、ムックムクに浮腫んだ浅井が見られます。
 
 

そんな感じです。
とりわけ締めの言葉も無く終わります。
まだ作業が、たくさん……たくさん残っているのです。
ドリンク剤ゴー
ドリンク剤ゴー
寿命エンプティ
寿命エンプティ
 
 


 
 
 
 
 





PR
■早いもので、去る12/19日でメガミデバイスの発売から一年であります。
第五弾、第六弾となる朱羅の発売もいよいよ明日25日に迫ってまいりました。
開発に手間のかかるプラモデルの、それもオリジナルタイトルが、
わずか一年の間に6点+カラバリを発売できたというのは、大変に恵まれた環境であり、
受け入れ、遊んで下さったユーザーの皆様と、
ご尽力下さったコトブキヤ様、関係者の方々には、感謝にたえません。
 
まことに、
まことにありがとうございます。
 
二年目のメガミデバイスも、これまで以上に喜んでいただける娘達となるよう、
そしてどこまでも自由に遊べる庭も含めて提示させていただけるように、
気を引き締めて参ります。
今後共、よろしくお願い申し上げます。
 

  
■そんなメガミデバイス一周年を記念いたしまして、
絶賛開催中の「コトブキヤフェス:最終日」となる本日24日に、
立川の寿屋ビル3F コトブキヤホールにて、鳥山さん、野内さんと
「メガミデバイスありがとうトークライブ」
を行わせていただきます。
 
会場では「オリジナルプラモデルスペシャル」として、
フレーアームズ、フレームアームズガール、ヘキサギア等の、
コトブキヤさんオリジナルコンテンツを中心としたイベントが各種執り行われ、
その最後のイベントとして、メガミデバイスも席を頂く事が出来ました。
 
世はまさにクリスマスイブ。
押し寄せる美女からのデート依頼をちぎっては投げちぎっては投げ、
「はっ!俺たちとデートしたけりゃプラスチックになって出直すんだな!」
イカした台詞をバッチリ決めた40代の三人が、
なんともいえない笑みで皆様をお待ちしております。
 
「君の逸品を見せてくれ!ユーザー作品展示会」として、
皆様の「うちの子」展示もさせていただいておりますし、
メガミのみならず、コトブキヤさんオリジナルプラモデルにご興味をお持ちの方なら、
様々に楽しんでいただけるイベントかと思いますので、
是非お越し頂ければ幸いです。


ちなみに、昨年のメガミ発売イベントもクリスマスでした。
押し寄せる美女からのデート依頼をちぎっ(略)
 
 
 

■すげえどうでもいい話。
 
■元々、酒そのものが好きというよりも、
友人たちと一献交わすのが好きで呑んでいた側面が大きく、
故に、一人で呑むことは稀であった浅井。
一人酒は本当にごく最近、ここ半年くらいになって、最寄りの中華屋で晩飯がてらに、
ハイボールの一杯くらいは口にするようになった程度で、
自宅で、かつ一人で呑む事などは殆ど無かったのですが、
ストロングゼロ。
なんとなく買ってみたら、ドラッグだこれ。
めっさ廻り早くありませんかこれ。
そんな弱いつもりはなかったのだけど、缶一本でフワッフワ。
 
 
■なんでこんな時間(朝5時)にこんな事を書いているかと言うと、
寝付けずに、寝床の中で、配信が始まったばかりの、松本英子さんの漫画、
「謎のあの店 3巻」「局地的王道食 2巻」を読んでいたら腹が減ってしまい、
セブンイレブンのハンバーグカレードリアと鶏めしおにぎりと、
苺のケーキサンドアイスをドカ食いしただけに飽き足らず、
おつまみカニカマをツマミに、
はじめて手にとったストロングゼロを呑んで、廻りの速さに驚いたからなんですよ。
いや、すごいこれ。
衝撃でブログ更新する早朝。
 
■松本英子さんの漫画を知ったのは今年になってから。
Kindleのお薦めで買い、Kindleで購入できるものは全て購入して読んでおります。
気楽に読めるエッセイ漫画であるはずなんですが、
何故か今年、一番読み返している漫画なんですよ。
何回も何回も、つい読んでしまう。
読んでいて、食べたくなるし呑みたくなるし、どこかへ行ってみたくなる。
何が、と問われると上手く返答できないのですが、
奇妙に僕のスイッチを押してくれる漫画です。
で、読んで、腹減って、布団から出て、
(最近寝袋じゃなくて布団で寝るんですよ!進化!老化!)
セブンイレブン行って、ストロングゼロに驚いて、今に至ります。
いや、ここ20分くらいの話なんですけど。
 
「謎のあの店」「局地的王道食」
続刊だった2タイトルが、本日同時に配信された2冊で共に完結。
寂しくありつつも、次の作品を楽しみにしております。
そして手早く酔えたので寝ます。
おやすみなさい。
デブ化まっしぐら。
  
「謎のあの店」
「局地的王道食」
「荒呼吸」
 
 
 



 
 







■雑記です。
  

東海村原八さんが毎週土曜日に主催されている「模型塾」
もう13年以上にも渡る歴史の長い教室です。
これまで、見学やイベント等で訪ねた事はありましたが、
先月からは生徒として通っております。
僕は仕事で、3DSMAXというソフトを使っているのですが、
年々エグさを増してゆくサブスクリプション税の重みと、
「永久ライセンスを手放さないと後悔させてやるぜ」キャンペーンの嵐に、
この先いつまで使っていられるのかが不安になってきた昨今、Xデーを見越して、
フリーの3Dソフト「Blender」も覚えておこうかと思っていたタイミングで、
丁度Blenderを使った3Dモデリング講座が始まったのです。
 
原八さんは元々トーク回しのめちゃめちゃ上手い人ですが、
教室での授業も、長い期間続けてこられただけの事はあり、
カリキュラムのとっつきやすさに驚きました。
僕の個人的な考え方として、
授業で教わる事が出来る内容というのは攻略本のようなもので、
実際に学び身につけてゆくのは、教わった後の自習の繰り返しだと思っているのですが、
模型塾の濃度、密度は、その自習を繰り返す上で、負担にならない範囲でありつつ、
一通りの自習を行った後に新しい事も試せるヒントが含まれていて、
とても練られた内容を楽しんでおります。
授業は2~3ヶ月のスパンで新たな内容に更新されるようですので、
興味のある内容と合致した方にはとてもお薦めできます。
是非。
  
 
■12/3日曜まで開催されているバンダイコレクター事業部さんの、
新作展示会「魂ネイション」
木曜日に行われた内覧会に伺ってきました。
内容はもうネットでご覧になった方が殆どだと思いますが、
最大の衝撃はやはりハイメタルRの新作、ブレーダースキャニーでした。
2017年も暮れようとしてる時期に、バンダイからテクノポリス21Cだなんて。
ショーケースの前には、自分を含む40~50代のおじさんが固まっておりました。
ぶっちぎりの最大手メーカーがこの懐の深さというのは、
この仕事をしている者にとっては恐怖の展開でもありますが、
玩具好き個人にとっては実に良い時代になりました。
もちろん買います。
  
個人的には、ボディくんボディちゃんシリーズの新作の手首モデルが、
ただ動く手首のモデルというだけでなく、甲側と掌側から見た指の長さの違いや、
関節ごとの曲がりの深さにもきちんと注視した内容になっていて、興味深いものでした。
 
最近公開されなくなり、ポシャったのかと思われたDX超合金VF-1や、
バンダイ基準の強度を備える事で、遊びやすさが大幅に上がるのではと期待される、
フリーイングさんとのコラボ企画、ゲッターエンペラー
ファーストガンダムの作風に合わせるパターンで固定かと思ったら、
OVAの絵にしっかり合わせた、まさにVerANIMEのタイトル通りだったアレックス
てっきりタイトルごと終わったと思い込んでたよフォルマニアフルバーニアン
見て気がついた、ライトセイバー以上に欲しかったものかもしれない、リボルケイン
内容が読めなくて早く続報が知りたい、解体匠機νガンダムと、電王ソードフォーム
等々……
例年に劣らず、見どころの多いイベントでした。
画像だけでも情報は得られますが、やはり現物を見るのは違います。
明日の日曜、ご予定の無い方は足を運ばれては。
 
 
模型のタナカさんという、古くからある模型屋さんがあります。
ウチのすぐ近所にある模型店でして、〆切直前で足りなくなった塗料や、
壊れた工具の補充から現実逃避まで、長年お世話になっていたのですが、
今日立ち寄りました所、ご店主のお歳もあって、店を閉められるそうです。
在庫は全て半額だったのですが、もうかなりハケた後のようで、棚は空きが目立ち、
それでも店内は寂しがるお客さんで賑わっていました。
(お話伺うと、閉店の事がネットで話題になったそうです。)
僕もまだ残っていた溶剤の在庫や、30年経っても色褪せない名作、
ハセガワの1/48A7-DサウスダコタANGを買いました。
一番好きなジェット機であるコルセアⅡの、これまで何度も買った名作1/48が、
まだポツンと残っていたのは、何かの縁のような気がして、
あまり好きなデカールバージョンでは無かったのですが、選ばずにおれませんでした。
模型のタナカさん、長い間お疲れ様でした。
 
 
大阪に住んでいた頃、ずっと通っていたユーケイ模型さんのご店主はお元気かなぁ。
  
  
■そんな感じの、本当になんの告知でも無い雑記でした。
最近疲れやすくて困ります。
東京コミコンまでは行く気力がありませんでした。
















■現在、秋葉原のアキバcoビル1Fにて、マックスファクトリーさん30周年を記念した、
「マックスファクトリー設立30周年 オメデトMAX展示会」が開催中です。
開催中です、と書いておいて何ですが、明日の11/19(日曜)最終日です。
所狭しと並べられたマックスファクトリー30年の歴史のみならず、
ライターとしてのMAX渡辺さんのルーツも垣間見える展示の数々や、
普段は中々間近に見ることの出来ない新作原型も、目の前でご覧いただけます。
夏のワンフェスで展示された、様々なジャンルの方から寄せられた何十枚もの色紙も、
より近くから、落ち着いてご覧になれるかと思います。
(浅井は↑のモデルを出力して色紙に貼り付けて参加させていただきました)
次の機会は、あるとしても更に10年後でしょうし、
ぜひ秋葉原までお出かけされてみては如何でしょうか。
 
30周年、おめでとうございます。
 
 
■以前も書きました、30歳以下の方を対称とした、
新世代造形大賞というコンペティションが、いよいよ来週開催されます。
場所は大阪、あべのハルカス24階、大阪芸大スカイキャンパス。
メールでの〆切は、来週21日、直接持ち込みでの〆切は、23日正午までです。
(選考外となりますが、実は30歳以上の方も、展示だけ行う事も可能です)
 
その最終〆切の1時間後からは、海洋堂社長である、宮脇センムさん
造形師の寒河江弘さん大山竜さんと共に、
浅井も実演を含めたイベントに参加させていただきます。
多分、寒河江さんや大山さんは粘土をモリモリ、
僕は液タブ持ち込んで、デジタルでガリガリやることになるかと思います。
23日は祝日ですから、ご予定の無い方は是非観にいらして頂ければ幸いです。
コンペティション自体に興味があるぞ!?という方は、
今からでもまだご参加いただけますので、
持ち込みがてら是非遊びにお出でいただければ幸いです。
よろしくお願い申し上げます。







[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
twitter
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索

忍者ブログ [PR]