忍者ブログ
■Form1、更にその後
 前回、Form1の追加レビューを書いてから暫く後、Form1、壊れてしまいました(笑
その壊れ方が、自分がDW等で経験してきた不調とはちょっと違うものであり、その過程を画像に残していた事もあって、後日談として記しておきたいと思います。
 
 不調は突然訪れました。
出力出来なくなったとか、エラーを吐いたとか、そういった明確な不調ではありません。出力品がうっすら横(筐体前後方向)に広がるというものでした。
どこか一箇所がおかしい、という感じでは無く、全体に、なだらかにです。
仮にForm1のみを使用していたら、しばらくはその問題に気付かなかったかもしれません。その時は、丁度ワンフェス直前のタイミングだった為、「寝ぼけて造形をミスしたか」くらいの印象でしかありませんでした。(※その部品は仕事で作っている部品の為、公開できません) 
 ワンフェス終了から数日経ち、再度データを確認して再出力を行ったのですが、やはり出力物がおかしい。データと比較しても、誤差が大きすぎる。
そこでDW028を使い、全く同じデータを出力してみた所、こちらは理想通りで、どうやらデータでは無くForm1に問題があると判断できました。
 
より詳しく検証を行うべく、以下のようなデータを出力してみました。
 このデータは、真円の筒型形状をしています。
Form1の軸面に対して根本を繰り抜いてありますが、これは形状に関係無く起こりうる問題なのか、形状によって更に変化が大きくなるのかを調べる目的で開けました。
その結果がこちら。
 
 
 伸びてます。伸びまくってます。
左側は最初の出力品、右側は「マジか!?」と思ってもう一度出力したもの。2つの出力タイミングはわずか数時間の差でしたが、時間経過と共に明らかに伸びは激しくなっています。
 


  
 こちらは、伸びの激しかった方の部品を真上と真横から見た図です。
単純に伸びているだけでなく、不均等な伸びです。
真横から見ると、形状が変わる部分でも変形していますし、真上から見た時には横に広がっているだけでなく、少し斜めにも引っ張られています。
 
 これでは使い物にならないと、Formlabsに連絡を取りました。
サポートはユーザー登録された専用の連絡画面でチャット状に行います。
先程の画像を送り、現象を説明。説明は英語で行いますが、google翻訳で作った短文を繋ぎあわせただけのものです。それで充分通じました。
尚、先方の反応はとても迅速で丁寧なものでした。
 
 これこれこうなのだが、何か改善方法はあるか、との問いに、
「まずはこれを出力してみてくれ」と指定されたデータがこちら。
 
 
 Form1のテストプリント部品としてユーザーにはお馴染みの蝶形クリップです。
サイズの違いや5箇所への配置は、機械のどこか問題なのかを把握する為なのでしょう。早速それを出力してみた結果がこちら。
 
 
 うわお。
 伸びが更にひどくなり、ついにはプラットフォームを飛び越えて消失してしまっています。もう伸びてるどころの騒ぎではありません。中央は失敗していました。
こちらの結果をformlabsに伝え、哀れ我が家のForm1は、返品交換となりました。
 
 何故、どこが壊れたのか、ツイッター上で他のユーザーさんの意見も色々と伺えたのですが、現状では分解して保証を潰すわけにもいきませんし、明確な理由は解りません。
ただ、他のユーザーさんとのやりとりの中で、本機に使われているらしいガルバノスキャナが、かなりの低価格で販売されている事。また、日本に到着したForm1のうち、数十パーセントという割合で返送修理対象になっている事などを教えて頂きました。
本体の価格から考えて、部品安い事は当然想像出来ますが、返送率の高さはちょっと想像を超えた割合でした。返送される理由自体は、皆さんそれぞれ違うとは思いますが、自分と似たケースの方も居られ、自分にしても、さしてヘビーに扱っていたわけではありませんので、いくらなんでも寿命という事は無いはずです。
(実働で一ヶ月、それも稼働は3日に一度ペースなのですから)
 
 Form1、残念ながら、機械としての信頼性はまだ高くは無いようです。
これがForm1固有の問題なのか、それとも今後多く登場するであろう、近い価格帯の同様機構を持った機械にはついて回る問題なのかはわかりませんが、現状に限って見れば、やはりまだまだ「今後に期待」の実験的製品ではあるなと言わざるをえません。
 交換され、戻ってきたForm1が、今度はどれだけ持つのかも興味深いところですが、もしまた壊れたならば、またアメリカまで返送するよりは、安い部品を探しての自家修理という選択肢も、ユーザーさんによっては考えられると思います。
この機械が安定して使えると言える時期は、そういったユーザーさん達による自己修復の情報が揃ってからなのかもしれません。
 
 で、我が家のForm1
回収には先方からピックアップの業者が手配されるはずで、その催促はしているのですが、3週間経ってまだピックアップされません。
 交換完了まで、まだまだ一波乱ありそうな予感です(笑)。
 
 
 
PR
■一昨日夜から再開致しました通販ですが、
短からぬ混雑を招きました事、あらためてお詫び申し上げます。
また、2007年10月より、6年以上もの間、当通販をご愛顧頂き、
まことに有難うございました。
こちらの通販カートは、在庫の有無に関わらず、
来週2月22日一杯をもって閉鎖させていただきます。
 
これまで、半ば意地で続けて参りましたが、
発送代行をお願いしている業者さんの管理費用や、
倉庫代もかさみ、新製品販売以外となる大半の時期は、
毎月5万円程度の赤字が出ている中、何とか延命していた状態でした。
しかし、元々が一般販売製品への追加部品供給が主だった目的でもあり、
当の一般販売製品の流通も見られなくなった今、
これ以上、負担の大きい現行の通販は続けられないと判断致しました。
 
以降、ジョイント等、一部部材に関しては、
別カートシステムでの通販を予定しております。
ただ、これまでのような規模が大きめの通販に関しては、
利益率の良くない当方の製品では、現状これという解決策が無く、
しばらくの間は細々とした部品供給に限られると思われます。
 
いずれ、また新たな流れと、
それに適した流通方法を見つけたいと思いますが、
今はこれにて、一段落とさせて下さい。
 
6年と4ヶ月、ありがとうございました。
 
 
 
■明け方までアカウントが停止されてしまった通販ですが、
現在、ロックこそ解除されたものの、割り当ての間口は狭く、混雑が続いております。
大変ご迷惑をおかけしております。

また、ハイドプール、ハイドブロッサムについて、
カートボタンが機能していないというご指摘を頂きました。
在庫を確認する限り、受注はゼロでは無い為、
全く受注できないというわけでは無いのですが、
確かに他の製品に較べ、動きが非常に小さい事から、
一部環境のみでしかボタンが機能しなかった恐れがあります。
現在、ボタンは修正済みですが、
これまでに、このトラブルによってご注文いただけず、
再度ハイドプール、ハイドブロッサムのみ追加をご希望頂ける方は、
備考欄に先の注文番号と、同時発送希望と書き込んで頂ければ、
一つの注文としてまとめて発送させて頂くよう手配致します。
お手数をお掛けして申し訳ありません。

■今後も、アクセスが一定量を超えた場合、
一時的なアカウント停止をサーバー側から通告されており、
また、カート自体受容量が少ないため、繋がりにくい状態は続いておりますが、
現在でも大半の在庫は、開始時の半分以上が残っている状態ではあります。
繋がらない場合は、連打されるのでは無く、少し間をあけて再度試していただけると幸いです。

ご面倒をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

■かねてより告知しておりました、ファニカやハイドシリーズ、
ブルーラインやアウタスキンの通販を開始しているのですが、
通販サーバーがまたしても重く、大変ご迷惑をおかけしております。
現時点では、「次々と売れていっている」と言う状況では無く、
サーバーが自衛の為にアクセス制限を行っており、
数分に1件しか受注できていないという状態ですので、
在庫の推移は、不安になるほど緩やかです。
管理ページからも追い出されてしまうので、
常に確認出来ているわけでは無いのですが、
21:30時点では、どの製品も在庫は10%も減っておりません。
お手間を取らせ申し訳ありませんが、
繋がりづらい方は、あらためてアクセスして頂ければ幸いです。


こちらのサーバー、これ以上の転送量を確保した場合、経費が一気に高額となり、
(というか現時点でも腹立たしい程高い)
かといって他サーバーでは発送業務をお願いしている業者さんとの連携が取りづらく、
業者さん無しでは通販の難しい当方では改善策が打ち出せずにいたのですが、
現在、様々な通販サービスが登場している時勢を鑑み、
今回の通販を最後に、通販環境自体を全て再構築します。
もう、こんなのはごめんです。

区切りだというのに、最後までご迷惑をお掛けしておりますこと、
お詫び申し上げます。


※追記
サーバーは一定のアクセス負荷により、アカウントがロックされる事がありますが
これは一定時間を経て、自動で解除されるようです。
この「アカウント」とはショップアカウントの意味で、
ユーザー様のアカウントでは無く、この間はどなた様もアクセスが出来ません。
(管理者ですらアクセスが出来ません……)
また、アカウント停止中に頻繁なアクセスが行われますと、
アカウントが再開されません。
アカウント無効の表示が出た場合は、時間をおいて再接続をお願い致します。
■早くも半年が経過し、明日はいよいよ、冬のワンフェスとなりました。
例年ならば、販売物や実演等の予定を告知させていただく所なのですが、
今年はとても残念なお知らせをしなければなりません。

明日、2/9のワンフェス、浅井のブースは非販売、無展示となります。

販売物が無い事は、ある程度早い段階から解っていたのですが、
そこに体調不良が重なり、現在も回復しているとは言えない状況の為、
展示の準備、搬入も含め、展示品の終日管理体制を用意する事も難しくなってしまいました。
ギリギリまで出来る範囲の検討を行ってはきましたが、
今回は如何ともする事が出来ませんでした。
ブースには事実上の欠席を示すパネルだけがあると思われます。
ご期待頂きました方々には、本当に申し訳ございません。
20数年、ワンフェスに参加してきましたが、
2014年は、これまでで最も情けないワンフェスとなってしまいました。

会場には足を運ぶつもりですので、ブース付近には滞在していると思います。
例年のようにブースベタ付きというわけではありませんが、
どこかでお目にかかれましたら、お声がけいただければ幸いです。


■昨日ツイッターで知ったのですが、コナミスタイル、東京ミッドタウン店さんで、
2月22日に、武装神姫 特別販売会というイベントが行われるそうです。

これに合わせたわけでは無いのですが、来週2月15日、土曜日、
当方の通販も、最終販売を行います。
ブルーライン、ハイドシリーズ、アウタスキン、ファニカ、
また、これまで販売を行っていなかった、
ブルーラインやハイドファイアの、アウタスキン個別販売も行います。
少数ですが、過去限定色として販売したカラーも、発見した在庫分に関しては販売、
店舗取扱の終了したパラベラムB3、各キット付属部品だったパラベラムS1.2も、
個別に販売致します。
ジョイント類を除き、大部分は今回で絶版となります。
既にMMS素体自体の供給が無く、楽しめる人を選ぶキットとなり、
(ブルーライン、ハイドシリーズ、アウタスキンはトランスキットであり、
MMS1st、3rdトールの素体が必要です。 ※ファニカは単体で問題ありません)
欲して下さる方がどれ程居られるのか、不安は尽きませんが、
一区切りとなる今回、お付き合い願えれば幸いです。

よろしくお願い申し上げます。





[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12
twitter
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新トラックバック

忍者ブログ [PR]