diary 忍者ブログ

■去る24の日曜日、幕張メッセで開催されましたワンダーフェスティバル、及び当ブースまでお出でいただきました皆様、まことにありがとうございました。
 いつもの事ですが、終わった後はやっぱりダウンしてしまいました。
  
■会場で発表になりましたが、threezero社から発売予定の「ドロヘドロ」カイマンに続く第二弾、「心」の原型を担当させていただいております。ユーザーとしては散々関わってきましたが、原型師としては、初めてのthreezero参加です。
 素体部分はthreezero側で開発したもので、自分は顔やマスク、両腕、手首、靴、オプション等、胴体と脚以外の部分を作成しております。
 展示品は制作途中のもので、まだ改良や仕様の検討はなされる予定ですが、林田先生の監修もガッツリ受けておりますので、心先輩ファンの皆様はご期待頂ければ幸いです。
 
■figmaでは、血界戦線の制作が発表になりましたね。がんばります。
 あと、まさかのDOTA2から、アンチメイジとウインドレンジャーが発表になりました。
Dota2、まさかすぎるタイトルですね。日本ではあまりプレイヤーの多いゲームでは無いですが、海外では大変メジャーなMOBAタイトルで、VALVE社まで行ったりしてひっそり作っておりました。海外でもfigmaが受け入れてもらえるシリーズになると嬉しいなぁと思います。
 
メガミデバイスも、ワンフェス翌日から受注開始になりました。
 ランペイジ鳥山さん、コトブキヤ野内さん、超がんばってます。
 こちらで作っている、オリジナルマシニーカも負けないように気合を入れねばなぁ、とふんどし風にたくしあげたパンツをギュッと締め直す思いです。
 
 
■会場で展示させていただきました、久宝金属製作所さんの新FDM「Qholia」は、展示場所が3D技術系のブースが集まった場所だったこともあってか、注目度が高く、終日様々なご質問を頂きました。出力サンプルも多数展示致しましたので、直接手にとって見て頂いた方も多く、好意的な反応を多く頂いたように思います。
 
 
■一方で、浅井は話している相手に笑われてしまう程form2売るマン」と化しておりました。
 これは、会場で伺った質問の多くが「原型用途に最適のプリンター」を望まれる質問だったからです。
 先日の記事でも触れましたが、今現在、フィギュアの原型用途という前提で、表面の美しさや後加工のしやすさ、そのクオリティに対するコストバランスといったあたりを踏まえると、form2はベストバイと言えるプリンターと思えます。既に何らかのFDMを一台所有されているのであれば使い分けも可能ですから尚更です。
 QholiaはFDMとしては素晴らしい出力結果を出せると思いますが、FDMとSLAの構造的な壁を打ち破れるわけではありません。
 ですから、原型用途に3Dプリンタの購入を考えておられ、予算に余裕のある方には、積極的に(まだ耐久性の確認は出来る時期ではない事は交えつつ……)form2を勧めさせて頂きました。
 一年持たずに壊れたら、またこのブログで壊れたぜ糞ファック報告があるやもしれません。
 浅井はformlabsとも、form2の販社とも何らご縁はありません。念のため。
 
 
■FDMを求めておられる方には、あらためてzortrax M200もお勧めしたりしていました。
 現状、ノズル径を変えることができないM200は、表面の平滑具合や精細感で言えば、Qholiaに劣ります。Kickstarterでの初回発売から2年、日本での販売が始まってから一年半経つのですから、日進月歩の勢いで状況が変化する出力機界隈においては当たり前です。
 しかしM200には、それだけの期間、多くのユーザーに使われてきているという実績があります。
 樹脂もスライサーも専用品の縛りはありますが、その分問題の範囲は限られ、トラブルへの対策も練られており、かなり安定した出力ができます。
 ファームウェアも洗練され、以前よりもずっと扱いやすくなりました。
 また、日本においては代理店の一つであるアドウイクスさんの積極的な情報発信、フォローが期待できます。facebook   twitter  twitter2(気軽に相談できる相手というスタイルを保っておられる事は本当に大きいです)
 3Dプリンターは、日本の家電のように安定した機械ではありません。今回出力できても、次はウンともスンとも言わない、という事は少なからずあり、不安が常につきまといます。
 出力結果の良さは目に見えやすい魅力ではありますが、実際に扱うにあたっては、安定性、コスト、サポートが揃って、ようやく「買って良かった」と感じられると思うのです。
 実際、我が家でのプリンター稼働率は、今現在に至るもM200が一番多く、これからも、多少お金がかかっても、オーバーホールなりで長く使える術は無いかと思案しているくらいです。
 原型用途としてはドラフト目的になる事が多いのは事実ですが、その前提でお勧めする、という観点からすれば、M200はバリバリの現役なのです。
 浅井はzortrax社とも何らご縁はありません。念のため。
 でも昨年のWFで、アドウイクスさんからはお饅頭をいただきました。賄賂効いてます!
 
 
■展示までやってるのだから、Qholiaの宣伝をしろよ、とも思うのですが、この現状認識は、Qholia開発者である古川多夢さんとも共有しています。
 QholiaはFDMとしてはとても美しい結果を出せます。僕が知る範囲では最高レベルです。
 FDMのメリットである、強度、軽さ、コストの安さに、
 弱点であった表面の美しさまでも備えています。
 良く言えば万能です。
 しかし、高い次元ではあるものの「中途半端」とも言えます。
 原型用途で重視される、表面の美しさのみに注目するのであれば、高額な光造形機は勿論、60万円と相当安価な所まで降りて来たform2と比べても差があります。
 信頼性も、試験の範囲内では良い結果を出せていますが、量産機が長く使われてきたzortraxのような実績があるわけではありません。古川多夢さんお一人で作られているQholiaは、筐体の量産にも検証にも時間がかかってしまうのです。
 このメリット、デメリットについては、これまで幾度も、無視することなく多夢さんとの会話に上がっています。
 
■3Dプリンターの性能、使い勝手は、簡単には言い表しづらいものです。
 これまでかなり多くのプリンターを使ってはきましたが、設置する環境、気温、使う材料、出力データの形状、スライサーの設定で、その出力結果は大きく違ってきます。同じ機械であっても、同じ結果を得られるとは限らず、流通の少ない機械ゆえに、パフォーマンスの差にも気づかなかった、という例は少なからずあったと思われます。
 高額なプリンターは、代理店による保守サービスでパフォーマンスを保ち、zortraxは先述の通り、スライサーや樹脂を専用品とする事でバラつきを抑えています。form2は、form1を多量に販売し、そして膨大な量が押し寄せたであろう修理対応経験やクレームという痛みの末に、パフォーマンスの落とし所を見つけたのでしょう。
 3Dプリンターでの出力作業そのものに興味を持つ、プリンターマニア的な立場であれば、専門知識を集めながら細かな調整を行い、パフォーマンスを引き出す事も出来るかもしれませんが、造形の為にプリンターを購入した人にとって、その研究を独力で行わねばならないのは重荷ですし、メジャーなプリンターが海外製である現状では、コミュニティもその多くが英語と中国語で構成されており、英語に不慣れな日本人にはハードルも高いでしょう。これは僕自身がストレスを感じてきた点なのです。
 
■僕がQholiaに興味を持った最大の点は、美しい出力結果を得られると共に、トラブルに対して開発者本人が日本語で対応、説明でき、日本語を中心としたコミュニティで集合知を高めてゆける可能性がある、という点です。
 単に「優れたプリンター」では無く、環境を含んだメリットを期待できる点、それが国産で行われる事に、僕は期待と魅力を感じています。
 これはスペックとして比較できるものとは少し違うメリットです。
 ですから、ワンフェス会場で興味を持って声をかけてくださった方々にも「Qholiaのお勧めできる点はこういった事だと思う」とお話させていただきましたし、希望される用途によっては、form2やzortraxを勧めさせていただきました。

 実のところ、久宝金属製作所さんともビジネスとしてのお付き合いや契約関係は無く、Qholiaの紹介は、浅井個人の期待と趣味でやらせて頂いております。
 故に、宣伝文句では無く、浅井個人の所見として、話し、書かせて頂いておる次第です。

   
■3Dプリンターなるものを使いはじめて、4年ほどになります。
 切削機を含めるなら、20年近くにもなってしまうでしょうか。
 その使い方、ワークフローも、時期によって大きく変わってきました。
 FDMは原型作業には必要無い、と思っていた時期があります。
 出力作業の9割がFDMになってしまい、SLAが殆ど眠っていた時期もあります。
 不必要だと思っていたFDMによって可能性の幅が広がり、新たな仕事を得た事や、夢のマシンだと思っていたSLAの扱いづらさに、限界を狭めてしまった事もあります。
 今は、FDM7割、SLA3割と言ったところですが、
 一年後の環境は、さて、どうなっているでしょうか。
 
 
■一年後といえば、今後のWF参加は未定です。
 多分出ると思いますが、やめちゃうかもしれません。
 なんだか、色々未定な昨今であります。
 
 

 


 

PR
■PCのメールサーバーにトラブルが発生しており、
週明けまではメールが受信できない可能性が高いです。
連絡の必要な関係者の方は、Gmailのアドレスか携帯、
もしくはLINEまでお願い致します。
 
こんなタイミングでもう……。
 



■明後日、7月24日は、幕張メッセにてワンダーフェスティバルが開催されます。
浅井も f-face/plastica の名前で参加しております。
 
今回は、先日ご紹介しました、久宝金属さんのFDM3Dプリンタ展示の他、
遅れておりますマシニーカの進捗、より製品に近い仕様の展示を行います。
 

 
■マシニーカは、QUMARIONの開発でもお世話になりました、コーチ精機さんにご協力頂いております。
 コーチ精機さんは表立って直接製品を販売されているわけでは無いですが、皆さんのよく知る製品をいくつも手がけられている、とても信頼できる技術を持たれた会社です。
 マシニーカでは基本の構造とキャビ面(部品の形状をあらわす表側)のCADまでを浅井が、金型用の分割とコア(部品の裏側)をコーチ精機社長の岡村さんにお願いしています。
 開発に関わる人の数は本当に僅かな為、知らない場所でいつの間にか進んでいるような工程がありません。最初から最後まで関わり続ける事は、インジェクション成形品でありながらガレージキット的で、効率的では無いですが、僕はその経験から得られるものを重視しています。
 自分が勉強しなければいけない事の多さに直面し、青くなっている昨今でもあるのですが、まだ心折れず、一歩づつ進んでおりますので、純国産の大和撫子可動女子を、今しばらくお待ちください。
 
(※壽屋さんに提供させていただいている素体は、同じ原型をベースに、壽屋さんが別途設計されたもので、軸径サイズなどは共通ですが、似て非なる姉妹機、という感じです。)
 
■尚、コーチ精機さんは、ワンフェスでは「3D-GAN」さんの一角として参加されています。
当plasticaのすぐ近くですので、金型技術に興味をお持ちの方は、是非お立ち寄り下さい。
 
  
3D-GAN内「コーチ精機」  4-i
 
f-face/plastica(浅井のところ)  4-10-10
 
q-ho(久宝金属製作所)             4-05-04
 
 
偶然なのですが、示し合わせたように近いですね。
 
■その他、今回は、トークイベント等の出演も、深夜の生放送出演もありません。
関わった製品の展示などは各メーカーさんでありますが、
浅井個人に限って言えば、とても地味な夏であります。
ちょっとお疲れなのです。
 


 ■先日発売日が12月1日と発表になりました、
SIE JAPAN Studio期待の新作「グラビティデイズ2」 
その前日譚として、スタジオカラーさんがCGアニメーションを制作されます。
今回、キャラクターモデリングを、浅井が担当させていただきました。
 
 
 監督は「カセットガール」の小林浩康さん
脚本は本家グラビティチームの外山圭一郎さん佐藤直子さん
コンテはニンジャスレイヤーや、アニメーター見本市版のグリッドマンを手がけた、トリガーの雨宮哲さんで、ゲストキャラデザインには出渕裕さんまで参加されています。
 
 浅井が担当させていただいたのは、主人公キトゥンを含む複数キャラ。
但し、あくまで形状のみで、アニメーション用の加工はお任せしています。
キトゥンとクロウのfigma化も発表されましたが、映像のモデルはアニメ用を前提とした、figmaとは全く別のモデルです。
(figmaは多分、前作も担当した安心のfigmaキャプテン、越沼君じゃないかと思います)
 
■浅井はPS VITAを、前作グラビティの為に購入しました。
トロフィー集めに必死になったのも、グラビティが最初です。
PS4はグラビティ2の為に買おうと思います。
1ファンとして、全力でお勧めできるゲームですので、前作からでも是非……!
 

  
■先日、グッドスマイルカンパニーさんから、カードキャプターさくらのフィギュアが発表されました。GSC河原隆幸さんの作品です。
 縁あって、その造形工程を見続けられる機会を得たのですが、これが命を削るかの如くすさまじい作業で、クオリティもそれに比例した素晴らしいものとなっています。
 僕なんかはポカンと口を開けて「すげーすげー」と呆けているばかりでした。
 本当に魂のこもった一作だと思いますので、浅井と直接関係のあるものでは無いのですが、ご紹介させていただきたく思いました。
 二万円超えの価格ではありますが、そのボリュームと手抜きの無い造形、そしてとんでもなく苦しい事になるであろう生産現場を思うと、むしろ破格とも感じます。
 ワンフェスでも展示されるでしょうから、是非一目、ご覧頂ければ。
 
 
■書いていたら、もう土曜日になってしまいました。
ワンフェスが明日になりましたね。
それでは明日、幕張で。
 
 
 




現在ロケテスト中のマジシャンズデッド、
そのロケテ模様がライブ配信されている模様です!

http://www.ustream.tv/channel/22cM9zAMtxk

今まさに、という急なタイミングなのですが、よろしければ!
■先週こちらに載せましたチダルマさん
その足元に、こういうのが置いてありました。
 

 
これ、悪魔腫瘍と言いまして、同じくドロヘドロに出てくるものです。
手のひらに乗るくらい、漫画に出てくる実寸サイズで、ついでに作ったものでした。
チダルマを持ってゆく際、一緒にこれを見せましたところ、
MHzスタッフ間で評判が良く、また「MHzのしくみ展」的な事をやる時とかは、
こんなのをノベルティに出来ると良いね、という話になりました。
 
 
「まかせろ!うけたまわりました!」
ちょっとその時はテンションがおかしかったのだと思います。
また、であって、今回、とは言ってない。
 
 
この悪魔腫瘍、壊れず出力できるように、ある程度繋がった造形にしたものの、
どう配置しても、レジンで複製すると気泡が避けられず、
パーティングラインも美しくならない形状をしています。
それが可能な量産屋さんにお願いする時間もありません。
 
  
「よし、全部出力にすればOK!」
その判断はおかしい。
 
 
悪魔腫瘍を出力した機械、DW028は、出力面積が65㎜☓65㎜☓90㎜。
面積は小ぶりなミカン一個くらいの大きさしかありません。
しかも、樹脂が1キロで10万円弱しますし、
出力後も、洗浄、サポート除去、磨き(バリ取りみたいなもの)が必要で、
材質も壊れやすい為、きちんとケースに収めねばなりません。
  

「今の俺、やれる気がする!」
一週間ぶっ通しで戦って、一人で300個、作ってやりました。
 
 
大体、その話になったのが4月20日、
既にMHzのしくみ展は始まってしまっており、
その週末くらいまでは自分も冗談半分で進めていたのものの、
段々と効率化する方法が見えてきた所に、実現できたら、
原作者の林田球さんがラベルを描いてくださるかも…という話もありまして、
諦めるタイミングを見失ってしまった、というのが割と本当のところです。
 

 
本当に描き起こしてくれました!激早!ラベルの方に価値が! 
ラベルはシール紙にプリントアウトですが、
ケースは鉱石標本などを収めるルースケースを使用しております。
中のスポンジも浅井が切ったよ!ていうか詰め込みもやった!
ラベル貼りはMHzショップにおまかせました!
 
こちら、4/29(金)から、MHzショップ店頭でドロヘドロ商品を含む、
お買い物をしてくださった方に差し上げる、という事になりました。
MHzのしくみ展が5/1までですから、間に合ったと言えば間に合いました!
モノが残っている間はそのまま継続ですので、GWに関東までお出でになる方は、
こちら覗いていただけますと幸いです。
「MHzのしくみ展」は5/1までですが、展示していただいてるチダルマや、
メチクロさんの作られた立体物は、店頭でも展示する事になりそうですので、
こちらもご興味があれば!
 
詳しい配布方法や残り数は、MHzSHOPのツイッターアカウントで
告知するそうですので、そちらをご確認ください。
 
MHzSHOP Twitter
 
SFDEPT. Twitter
 
 
今回、数が中途半端でしたので、店頭のみとなってしまいましたが、
東京以外の方で、アレな気持ちになってしまう方もおられると思います。
ですので後日、東京以外限定のプレゼント企画をやってもらいたい…!
と伝えておきました。
他県住みのドロヘドロファンの方は、こちらご期待頂ければと思います。

あー、疲れた。おっさんなのでもう徹夜できないです……。
 
 
■ワンフェスで既に発表済ですがfigmaの新アーキタイプ、NEXTが受注開始です。


アーキタイプというのは、いわゆる「ただの人体フィギュア」なのですが、
これまで販売されてきたアーキタイプは、
figmaとなる前の「プラレス3四郎アクションフィギュア企画」の為の素体でした。
男性型の首の後ろに、妙な段差があるのは、開発素体としての名残り。
ジョイントも含め、企画段階の検討体なので、
造形したのは既に10年以上も前になります。
(柔王丸と桜姫はfigma一周年記念のタイミングでのリリースでしたし、
こういった製品の開発は年スパンのものなので、造形は更に遡るのです)
 
その後、2013年に、アーキタイプネクストShe(透明版)が発表になります。
HJ社刊行の「マックスファクトリー全仕事」という本の付属品でした。
これは2012年頃に、figmaチーム造形頭であるところの、
越沼真司君が考案した新ジョイントが生まれ始めた事に端を発します。
新ジョイントというのは、現行figmaの一部に採用されている、
肩ジョイントや股間ジョイントが伸びるタイプのものですね。
それまでのfigmaは、ジョイントや基礎を浅井が作り、
それをスタッフが進化させてきた流れでしたが、
この時のアーキタイプネクストは、流れを逆にして、
スタッフ考案の新ジョイントを使い、浅井が素体を作る、という企画でした。
こちらは書籍付属品のみで、一般販売はされておりません。
 
今回のアーキタイプネクストは、
一部サイズ調整を行ったジョイントや、
現行のスタンダードとなった手首ジョイントは使用しているものの、
基本的には初期から使用しているジョイントを用いて、
素体を再構築する、という企画になります。
ジョイントそのものがほぼ同じ事で、旧アーキタイプをお持ちの方は
運用の考え方がこう変わったか!と思うところもあれば、
ここはもう変えようが無いんだな、というところまで、
ご確認頂けると思います。
 
男性型heは完全に新規造形、
女性形sheは、手足はマックスファクトリー全仕事付属のsheを使い、
胴体から頭部にかけては新規造形の混成型です。
 
こちら、素体という人を選ぶ製品ではありますが、
興味をお持ちいただけましたら是非。
 
 
ゲッサン掲載中の、第三世界の長井。
 
 
単行本で拝読しておりましたもので気づかなかったのですが、
雑誌を読んだ知人に教えてもらいまして、
買って読んで感涙して携帯の待受けにしました。
王国の民の誉れであります。
読み方間違ってますけど、誉れであります。
生涯自慢しようと思います。

でも時計表示が見づらくてこまってます。
ドロヘドロという漫画をご存知でしょうか。
林田球さんによる、大変素敵にイカレた漫画でして、
月刊IKKIで長らく連載され、IKKI休刊後の現在は、
スピリッツ増刊ヒバナで連載が続いています。
最近は、threezeroから、主人公カイマンが1/6フィギュア化もされました。
そんなドロヘドロに登場する愉快な悪魔、チダルマさんをつくりましたよ。
1/12雰囲気スケール、figma仕様の一品物であります。
 

 
下半身等、一部はFDMでプリントしたままなので、断層が見えております……。
コレはとある実験を兼ねた、半ば遊びで作ったものなのですが、
これまでドロヘドロのアパレルを多く送り出してきたブランド、
MHzショップで、このチダルマを展示していただける事になりました。
(最近、浅井もちょっとこちらに絡ませて頂いておるのです)
 
 
MHzショップでは現在、「MHzのしくみ展」と称し、
代表であるメチクロさんがこれまで行ってきた、
ドロヘドロや、変形ヘッドフォン「toon」など、
デザインワークをはじめとしたお仕事の展示と、
現在予約受付中の、ドロヘドロイメージサントラの試聴会を行っております。
 
  
 
(模型者的には、かつてHJから発売されていた模型誌「SMH」で活躍されていた
メチクロさんと言った方がわかりやすいでしょうか?
彼は今、デザイナーとして活躍しているのです。)
 
 
このチダルマ、展示にあたり、メチクロさんが塗装してくれる事になりました。
商品原型を作る際、ディレクションを前提に分業することはよくありますが、
今回の塗装は指示も何もナシのお任せです。
どんな形に仕上がらるか、自分もわかりません。マジコラボです。
日々ちょっとづつ塗り進め、
その進展もツイッターなどで公開してゆくそうですので、
是非チェックしていただければ!
東京・中野まで足を運んで頂けるならば、
「MHzのしくみ展」で、現物も見ていただけますし、
その後も、少なくともGW中くらいは、ショップ内で展示してるんじゃないかと思います。
 
「MHzのしくみ展」4/15(金)〜5/1(日)
 
MHzSHOP Twitter
 
SFDEPT. Twitter
 
4月23日(土) ドロヘOSTイベント配信 20:30〜21:30
youtube「MHzlive」



 
桃知みなみさんというアイドルをご存知でしょうか。
まるでアニメや漫画のように整った笑顔が素敵なアイドルさんです。
その整い方は見事なもので、いつ何時でも笑顔を絶やす事はありません。
絶対にないのです。たまに塗装がハゲてますが
そんな桃知みなみさんのお面が出来ました。
  
 

こちらは「GREEN FUNDING」というクラウドファンドサイトで行われた、
「桃知みなみラノベ化計画」という企画の特典でして、
浅井がお面の形状データと、目のシール制作を担当させていただきました。
出資募集中の際は、
「ほう、お面がもらえるのか。どんなクオリティだか見てみたい」
と浅井も一口出資させていただいたのですが、
まさかその原型を担当することになろうとは思いませんでした。
人生ってふしぎ!ふしぎ遊戯!ミラクルラー!
本当に仕込みじゃないのが恐ろしい。
 
既にファンディングは成功済なのですが、
ちょっと面白い感じのものになってましたので、
こちらもご紹介させていただきました。
 
桃知みなみ オフィシャルサイト
http://momochi373.com/
 
桃知みなみ Twitter
https://twitter.com/momochi373
 
「GREEN FUNDING」お面告知ページ
https://greenfunding.jp/lab/projects/836/activities/2984


  
 

 
■そしてマシニーカの開発に大変手間取っておりますごめんなさい。
金型屋さん(コア設計兼任)までのデータを浅井一人だけで済ませ、
可能な限り工程を外部に投げず、次に活かせるよう把握しながら進めている為、
考えていたよりもかなり大変な作業になってしまいました。
ただ、中止は絶対にありませんし、企画へ賛同して頂けるお話も増えております。
日々確実に進行はしておりますので、
今しばらくお待ちいただければ幸いです。
 
  

 
  
■熊本を中心とした、被災者の皆さんにお見舞い申し上げます。
一個人が他人様の為に役立てる事はお金が最も確実だと信じておりますので、
それ以外の動きは致しませんが、一日も早く、平穏な日常が訪れる事を願っております。
 
 



[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
twitter
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新トラックバック

忍者ブログ [PR]