diary 忍者ブログ

■ちょっとだけ落ち着いたので書きます。


■去る10月26日早朝、病気療養中だった、
フィギュア作家の寒河江弘さんがご逝去されました。
享年52歳。
29日午後には、お身体も次の場所へと旅立たれました。
 
■寒河江さんは、三枝徹さんの元で学ばれ、原型師としてデビューされた後、
当時は大阪に存在した造形工房、ヘビーゲイジに在籍、
その後は映画の美術スタッフとして活躍されつつも、
フィギュア原型師として多くの企画に携わられた方でした。
こと著名人の似顔フィギュアに関しては、その第一人者として、
幾度もテレビ出演もされましたので、フィギュアに知識の無い方でも、
作品やご本人をご覧になった事があるのでは無いかと思います。
近年は大阪芸術大学短期大学部、大阪芸術大学の兼担教授としても、
数多くの生徒を育ててこられました。
 
■僕が寒河江さんとお会いしたのは、1992年の事、
身を寄せたヘビーゲイジでのことでした。
寒河江さん24歳、浅井18歳。
仕事のデビューはほぼ同じ時期でしたが、
この年代での年齢差6つは大きく、お兄さんというよりは、おっさん、
大人と子供の様相でした。
工房内では話が合い、寒河江さんの関わっておられた、
自主映画の上映会などにも顔を寄せさせてもらうようになったのですが、
2年後、工房が形を変えた流れで、寒河江さんは映画の世界へ。
僕はしばらく一人で大阪に。
それでも、度々連絡は取り合っていて、
寒河江さんが連載コラムで書かれた言葉を借りれば、
その後も「素晴らしきかな腐れ縁」が続いてゆくこととなります。



■2006年には、二人でイベント「ワンフェス☆ニジュウ」を開催しました。
これはワンダーフェスティバルの公式20周年記念イベント
「ワンフェス20」が中止となった事に憤った二人が、
本来のワンフェス20が予定されていた開催日に合わせて、
勢いでロフトプラスワンを抑えた事から始まったイベントでした。
それまで人前で喋った事も無かったのが、
いきなりの6時間+2時間となる8時間開催。
何人ものゲスト様や、たくさんのお客様に囲まれ、
元々は嫌がらせみたいなイベントだったのに、
海洋堂の宮脇センムにはビデオ出演までしていただいて、
忘れられない日となりました。

※この際のガイドブック表紙を描いてくださったのは、
当時のWF公式イラストレーターだった藤田幸久さんと、
故水玉螢之丞ねえさん。
また、figmaはこのイベントを遠因として誕生、
寒河江さんにも、リアルフィギュア系figmaの原型にはご尽力頂いています。

2011年暮れには、今は無きWFカフェにて、スズメの学校開催。
諸事情にて2回目からは僕の単独開催になりましたが、
元々は寒河江さんとの二人イベントでした。
ワンフェス☆サンジュウの話も出たんですが、これは実現ならず。

2016年より、月一回ではあるものの、僕が大阪芸大の講師に入った事から、
寒河江さんの旗振りで始まった「新世代造形大賞」にも
関わらせていただくようになりました。

しかし、その新世代造形大賞、第四回目。
先々週10月19日に行われた審査発表の夜に、
感想や来年の展望をやりとりしたのが、
寒河江さんとの最後のご連絡になりました。


■寒河江さんは常々、
フィギュアそのものの地位向上や認知を広めてゆくこと、
また造形を志す若い世代に対して出来る事を考えられている人でした。
交わした会話も、大部分はそういった内容ばかりでしたが、
原動力は堅苦しい理念だけではなく、
そうなったらおもろいやん
その方が楽しいやん
それもアホみたいでええやん。
というような意識も傍らに置いていて、
フィギュアの事を真剣かつ、楽しんでいる人だったと思います。

寒河江さんの映画でのご関係は詳しく存じません。
映画の世界に深い愛着と敬意を持っておられた方だったので、
浅井などよりも余程仲良く、信頼されていた方が、
沢山居られるであろう事と思います。
それでも僕にとっては、十代から四十代も半ばを過ぎた今の歳まで、
切れ目なく自分を知ってくれている、数少ない人でした。
同期の同業者、という括りならば、唯一と言ってもいいです。
言い合いも仲違いも散々やりましたが、
肩肘張らずに過ごす事が出来る、大事な相手だったんです。


■思い出しながら、確認しつつ書いてたら、記録の要約みたいになってもうた。
とりとめもありません。
もうちょっと感動的な文章でも書いたったら良かったんですけど、
思い出に足を取られてばっかりで、うまいこといきませんでした。

寒河江さんが残されたものがいくつもあります。
作品は勿論、繋げられた御縁、育てられた生徒や、
立ち上げられた新世代造形大賞もあります。
それはこれからも、きっとあちこちに花を咲かすと思います。
忘れんとって頂けると嬉しいです。






PR

■大阪芸術大学のキャラクター造形学科フィギュアーツコースが主催する、
「新世代造形大賞」というコンペティションがあります。
オリジナル作品であればどのような造形物でもよく、
但し年齢は30歳まで、という若い才能に注目した賞です。
  
新世代造形大賞概要
  
今年度で4回目を数える「新世代造形大賞2019」
10月19日には審査会も行われ、特殊メイク造形の先端を走られる、
藤原カクセイ様をゲスト審査員に、合議による上位3賞及び、
審査員による個人賞が多数選出されました。
 
受賞作品はこちらから見る事が出来ます(facebook)
 
今年は審査員みなが頭を抱える程、全体のレベルが高く、
新世代造形大賞が、造形に興味を持つ若い世代に、
少しづつ根付いてきたのだと、悩みつつも嬉しい審査会となりました。
 
この新世代造形大賞は、大阪芸大、大阪芸短大の兼担教授であり、
フィギュア作家である、寒河江弘さんが強い希望を持って、
自ら運営の先端を走って進めてこられた賞です。
今回も病院のベッドから、中継映像にて選評を会場に伝えられました。
 
出展作品は11月4日まで、大阪はあべのハルカス24階の、
大阪芸術大学スカイキャンパスにて展示開催中です。
惜しくも賞には選ばれなかった作品も、趣向を凝らした、
熱意の伝わる作品ばかりですので、ご興味のある方は、
是非会場まで脚を運んで頂ければ幸いです。
 
何卒、宜しくお願い申し上げます。 


 


 
 
 

■台風来てますね。携帯に緊急速報来てて驚きました。
夏も多少やわらいできましたが如何お過ごしでしょうか。
 
 



■一年前の魂ネイションで企画発表され、
春に行われたSICコロセウムより、
浅井の担当しました龍騎も受注がはじまりました。
消費税込み(…10%!)、13200円となります。
今のネット最安値だと10500円くらいでしょうか。
この10年、製造費も上がる一方で、
安藤さんの手がけられた龍騎シリーズの頃よりも、
かなり価格帯は上がってしまいましたが、
結構なボリュームですので、現物を見ていただければ、
価格なりの納得感は感じて頂けるのでは無いかと思います。
今、手元にT1サンプルがあるのですが、
ほぼABSで成型されたドラグレッダーは見た目よりもずっと軽く、
T1ながら中々のプレイバリューがありました。
こちら、彩色まで進んだサンプル入手の際には、
画像をお見せ出来ると思いますので、ご期待頂ければ幸いです。
発売は来年1月。
特典として、ブックレットが付くそうで、
開発当初、ああでもないこうでもないと弄っていた頃の、
恥ずかしい途中デザインが掲載されております。
絶賛受注中ですので、よろしくお願い申し上げます。
 
amazon
あみあみ
ホビーサーチ
でじたみん
 
  
 
■魂ネイションで思い出しましたが、
今年のネイションで当日販売される「ファーストタッチ・量産ゲルググ」
まだ触った事が無いという人には、個人的に超お勧めします。
僕はプレバンのゲルググキャノンコンパチ版を持っていますが、
ここ数年の中ではトップクラスに気に入っている造形物です。
元々、ゲルググ好きじゃないのに。
形といい動きといい「腑に落ちる感」が素晴らしく、
3500円のファーストタッチは、入り口としても破格だと思います。
ネイション行かれる方は是非。
 
 
 
 


 
■発売が延期となっておりました、
アルファマックスさんの初プラモデルシリーズ、
「ダークアドヴェント」より「ドラゴンドレス・ソフィア」が、
ついに発売に至りました。
お待たせ致しましたが、もうお手元に到着していると思います。
レビューもいくつか上がっているようで、大変嬉しいです。
企画として何も形が無いところからはじまって、
考えて試作繰り返して造形してキャビ面貼って、
コア側の肉抜き設計は僕の能力的に出来ませんでしたが、
かなり色々とやらせていただいております。
これで関わってる3シリーズ、全て発売に至りました。
メガミとチトセも同時進行だったので、
俺の性癖チャンネルは、右に左に大忙し。
昔のテレビだったら、すり減るって怒られてる所。
 
WFで発表しました「クラーケンドレス・ラーニア」も、
更に要素を足して、鋭意アップデート中です。
シリーズは続きますので、こちらも宜しくお願い申し上げます。
 
amazon(DX 18禁)
amazon(STD)
(プレミア付いちゃってるので実店舗で探されるのをおすすめ)

 
 
 
 
■昨日、9/7で13周年でした。
歳で言ったら中1です。
思うところはありますが、
好きで居て下さった方々には感謝にたえません。
ありがとうです。
来年は中二病に追いついてしまいますね。
エヴァ乗れるやん。
いや、エヴァとコラボするのはメガミだけど。
 
 
 
 

 
 
 












■メガミデバイスの、バレットナイツ・ヘルブレイズ(ランチャー)
の受注開始も今日でした!何か週末だと思いこんでました。
カラバリですが、顔の表情含め、ガラッと雰囲気が違います。
コトブキヤオンラインとあみあみさん以外が、
まだ検索にひっかからなかったのですが、
順次開始されると思います。
こちらも是非宜しくお願い致します!

コトブキヤオンライン
あみあみ







■去る28日、日曜日、ワンダーフェスティバルへの出展は、
大きくトラブルも無く、無事終了致しました。
お越し下さった皆様、
また前日のメガミデバイスWF前夜祭配信や、
当日深夜25時からの生ワンホビをご視聴下さった皆様、
まことにありがとうございました。
 
深夜の生ワンホビ終了から、打ち合わせや会合やらに顔を出してまして、
本日30日朝、遅まきながら自宅に戻れました。
会場では関連企業ブースや自ブースで誰かと話している時間が殆どで、
あまり会場は回れなかったのですが、それでも少なからぬ刺激を頂きました。
ワンフェス明けはいつも、グデッとしたい気持ちと、
もっと何とかしないと、という焦りでごっちゃになります。
中々思うようには参りませんが、
引き続きがんばりますー。
 
 
 
■チトセリウムの第二弾、「カーボニア アダマス」が、
グッドスマイルオンラインでは28日から、
それ以外では本日より受注開始となっております。
箱の中の世界に、何体も存在する衛士さんです。
これまで2度、今と違う形のものを展示してきましたが、
チーム皆で悩みに悩んで、このような子になりました。
お手元に呼んで頂けると嬉しく思います。
宜しくお願い申し上げます。

amazon
あみあみ
でじたみん(楽天)
アニメイト










[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
twitter
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索

忍者ブログ [PR]