diary 忍者ブログ

■去る、5月25日に、病気療養中であった、
イラストレーターの、はしもとしん/橋本晋さんがご逝去されました。
  
 

■彼のお仕事は、角川書店つばさ文庫における、
宗田理先生の「ぼくらの」シリーズや、
エンターブレイン刊行の「コッペとBB団」等、
多くの方が知っておられると思いますが、
模型イベントで浅井のブースに足を運んで下さっていた方には、
パラベラムやアウタスキンのパッケージ、
箱に入らないマニュアルを収めたクリアファイル、
古くは、ガジェットドライバのイラスト等で目にされた方もおられるかと思います。
もしかすると、
「浅井のブースで何故かトランスフォーマーをいじっているスタッフらしき人」
という形でご記憶にある方もおられるかもしれません。
 
 
■はしもと君と出会って20年以上になります。
知り合った当時の彼は、大学のあった三重県に住んでいたのですが、
関東移住の際、すぐ近所へと越してきてくれて、
それから、病となるまでの長い間、ずっと近くにいました。
肌寒い時期でもサンダルばきのまま、自転車に乗ってどこまでも行くような子で、
笑みを絶やすこと無く、常に玩具で遊んでいて、
彼を嫌う人は存在するまい、と思えるくらいに、誰からも愛されました。
こういう時だから言うのでは無く、
本当に、愛されたのです。
彼を知る人は皆、そう言うと思います。
 
一年半に渡る闘病生活の間、和歌山のご実家に、
月に一度ほど伺わせて頂いていたのですが、
3月下旬に会えたのが、最後となりました。
 
  
■旅立った人について話すのが苦手です。
ともすれば、自分を飾る言葉にも出来てしまいます。
でも、彼の存在はあまりにも近く、
共通する場の中で、彼を知り、彼と触れ合った方も多いと思いましたので、
少し書かせていただきました。


 
 
橋本晋さんのご冥福をお祈り申し上げます。
 
 

PR

とても大事な友人に、
貴方のことが、大好きであったと伝えたい。
 
5月の終わりの晴れた日に。
 
 


■本日26(土)と、明日27(日)に秋葉原のアキバCOギャラリーにて、
新作フィギュア展示会「ワンホビギャラリーSPRING2018」が開催されております。
グッドスマイルカンパニーさん、マックスファクトリーさんをはじめとして、
様々な新製品が発表、展示されるイベントです。
 
ワンホビギャラリーSPRING2018
 
■明日27日の16時からは、会場でのトークショーも行われるのですが、
その中のワンコーナーで、チトセリウムを取り扱う事となり、
浅井もhukeさんと共に出演させていただくこととなりました。
これまで展示は行ってきたものの、チトセリウムについて話をさせて頂くのは初めてです。
観覧無料ですので、お時間とご興味のある方は、是非お立ち寄り頂ければ幸いです。
壇上からのみならず、会場にて直接、ご意見を伺えれば嬉しく思います。
 
チトセリウム

■また、トークショーはニコニコ動画でも配信されますので、
おいで頂けない方も、是非そちらをご覧頂ければ幸いです。
 
急な告知で恐縮ではありますが、
よろしくお願い申し上げます。
 
 
 
■また、メガミデバイスより、初のコラボ作品、
アリス・ギア・アイギス 吾妻楓も受注が開始されました。
(コトブキヤオンライン特典付版は既に在庫が無いようです)
これまでのメガミの中でも、ボリューム感のあるアイテムで、
とても可愛らしい仕上がりになっているかと思います。
こちらも是非、よろしくお願い申し上げます。
 
 



■本日12時より、コトブキヤ秋葉原店様で行われます模型展示会、
”16bitmodels” 浅井も「ランドストーカー」で参加しております。
 
間に合わないかと思った。
もとい、間に合うとは思わなかった。
  
今から梱包して家を出ます。
会場で握手!


 
■模型業界的には上海ワンフェスで盛り上がっておりますが、
僕は埼玉デスマーチでメソメソしております。
  
■先のワンフェスで発表されました、グッドスマイルカンパニー様の新企画、
「チトセリウム」のティザーサイトと、ムービーが発表されております。
第一弾となるこの娘は、LXVIII platinum(78 プラチナム)と言います。
掲載された画像はワンフェス時と同じ完成品を撮影したものですが、
ムービーでは、チトセリウムがどういった方向性のものなのか、
2月時点では説明できていなかった内容を補完するものとなっております。
 
■まだ開発中のレジン複製品ですので、
ムービーで使用しているものは真っ白ですし、
関節には金属ピンを打っている状態ですが、
今後の開発進行で、より製品に近づいたものも公開されてゆくと思います。
一見複雑に見えますが、構造はごく単純な形の組み合わせです。
模型に不慣れな方でも、さして構えず遊んで頂けると思いますので、
今後も続報をお待ち頂ければ幸いです。
  
 
■余談です。
浅井の手元に、長い間捨てられずにいる、ボロボロのオルゴールがあります。
黒い漆に、和風に描かれた薔薇。収録曲は五木の子守唄。
横溝正史臭漂う、不穏なオーラに満ち溢れた品です。
母親が幼い頃に貰ったものらしいので、おそらく70年近く前のものかと思います。
 
幼い頃、そのオルゴールに人形を組み合わせ、曲を奏でるその間は、
人形を生きているものとして見立てるのが好きでした。
それはロボットや怪獣で行う基地遊びの楽しさとはまた違う、仄暗い快感で、
話せも動きもできなくとも、人形に物語を感じる事ができたのです。
まあ、一種の病です。
  
チトセリウムは、hukeさん、うーさーさんをはじめ、
グッスマの皆さんと、あーでもないこーでもないと作り上げたものですが、
浅井からは、そんな仄暗い楽しさを、そっと何%か、混ぜ込んでみました。
勿論、広い範囲に伝わって欲しいと思い作ったものではありますが、
そういうのわかる、というピンポインツな同病の方にも、
届いてくれると嬉しいなあと思います。


 
 

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
twitter
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索

忍者ブログ [PR]