蔵出し蒼天航路(2) 忍者ブログ
soten_25.jpg
天才少年軍師、荀彧!
童顔すぎて、髭が生えても子供面。

蒼天航路は軍師も武将も、人間臭さと、人間離れした超人性が同居していて好きでした。
才のみを求める曹操、という面が強調されていた為か、
主だった人物は突出した才を描かれる事が多かったのですが、
やはり序盤の天才といえば荀彧。
終盤に至るまで、曹操という人物を描く側面を担っていたように思います。

天才の代名詞といえば諸葛亮ですが、
蒼天航路の孔明は、人ならぬ何かとして描かれていた場面が多く、
天才軍師というより、気まぐれに落ちてきた神の一柱、という印象だったりします。

対して、諸葛亮の存在を劉備に知らせた者としてしか歴史に残らぬと、
血を吹きながら嘆く徐庶は良かったなぁ。
その後、出てこなくなっちゃったけど。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17
twitter
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
最新トラックバック

忍者ブログ [PR]