白ペカとメッキ 忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ドロッセルお嬢様、4/21より案内開始です。
詳しくはfigmaブログへ。

昨日グッスマでトライ品(※)をいじってきましたが、
安定した可動で、現時点でも遊べるものとなっておりました。
少なくとも、ポロポロとか動かないとかは全然無く、いじって楽しい感じ。
パーティングラインの目立つ部品は、金型まで作り直しておりますので、
続く、塗装サンプル(※)も期待したいところ。
白ペカをどれくらい再現できるかが、ドロッセルお嬢様のキモだと思いますし。

ドロッセルをデザインされた福地仁さんとは、18年くらいの長いお付き合いで、
聖刻1092の仕事でお会いしたのが最初です。
その後「パッとしない日々を愚痴る仲間」として、
酒呑んで語ったり、本気の大喧嘩したりしながら長い時間を過ごしてきましたが、
今に至るまで、ついぞ製品化された仕事はありませんでした。
それが、一昨年からガンダム00だの、ドロッセルお嬢様だの、
突然一緒に仕事する機会が増え、
長い人生、色々あるねぇなどと、二人して感慨深くなっていたりします。
20代前半の青年と、10台後半の少年は、
気づけば40台前半と30台後半のおっさんになりました。
まだいける!まだ若い!腰痛い!でもまだ頑張れる!

(※)トライ品
製品の成型サンプル。
塗装はされておらず、形状をチェックするもので、Tと略される。
T1から、大体T3、T4くらいまでが普通。
昔、T8まで頼んだ時、工場側は鬼の形相でした。

(※)塗装サンプル
成型品に、製品と同じような塗装のテストを施したもの。
塗装版トライ品。ファーストとかセカンドとか呼ぶ。


SBSH0001.jpg
それと、昨日間違って5分くらいアップしてしまったので、見た人も居るかもですが、
figmaフォトコン賞品の、メッキミク!
まだ手加工で色足したりするみたいですが、ここまできました。すげえ!
製造の常識的には、PVCに蒸着メッキとか、
普通できない、と言うかやりません。(ABSにならできます)
正直、結局はメッキ風塗装になるんじゃないだろうか?とか思ってました。
ごめん某工場。ごめん製造のヨサノくん。
中国工場でも、実際にやった工場以外のエンジニアは、ありえない反応をしている模様。
まさに力技の革命ですが、ものっそいお金がかかるので、
製品化できるような技術じゃ無いのが残念。

流れで言い訳します。
浅井賞のミク:恋戦カスタム、まだ塗ってます。
あと、いかにも「賞」って雰囲気の、ちょっと大きなプレートを追加製作中で、
そちらもセットされます。
見た目豪華っぽい!

……のでちょっと待ってて下さい。
ごめんなさい。

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12
twitter
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
最新トラックバック

忍者ブログ [PR]