information 忍者ブログ
■2月12日のワンダーフェスティバルにつきまして、当方に足を運んで下さいました皆様。
誠にありがとうございます。
そうでは無い方も、ワンフェスまで来て頂けたのであれば、個人的にとても嬉しいです。
ありがとうございました。

会場では、商品準備にトラブルを生じてしまいました為、
(一部部品の不着と、複数商品の部品が混じって梱包されてしまっておりました)
販売を遅らせる事となってしまいました。
長くお待ち下さいました方、ご購入頂けなかった方、
皆様には心よりお詫び申し上げます。
会場でもご説明させて頂きましたが、3月中の通販開始はお約束させていただきますので、
そちらの方をご利用いただければ幸いです。
本当に申し訳ありませんでした。

また、夜に放映されました生ワンホビをご視聴下さいました皆様も、ありがとうございました。
いつもよりも早めの出演で、思いきり遅刻してしまい、
会場に入ったら坂本さんも壇上に居てびっくりしました。

浅井がこの業界に入って、そろそろ24年目になります。
海洋堂の専務には、小学生の頃から面識がありますし、
自分が初めて業界に入った先がボークスでした。
30年読み続けている雑誌がHJで、
今は縁あってマックスファクトリーとグッスマでよくお仕事をさせていただいてます。
諸事情で、土壇場変更となってしまったのですが、本当は壽屋さんも出て下さる予定でした。
アルターさんの製品は、箱サイズに泣きながらも、
やっぱりクオリティに負けて買い続けてしまい、
近年の、千値練さんの登場と躍進には本当に驚いています。
そこそこ長めにここで仕事をしていて、
でもいまだにユーザーから抜けきれていない自分には、
あのスタジオはもう少し話していたい楽しい場でありました。
正直、呑みながら丸一日やりやかったです。放映できない内容になるけど。

イベントも放送も、毎回直前には「もう嫌だ、もうやめる」と嘆いているのに、
終わってみると次の事を考えているのは、やっぱり自分にはここしか無いのでしょう。
夏もたのしみです。
また、皆さんとお会いできる事を。


■今回の製品販売数は、到着部品の問題もあって、前回より少なめの総数195個。
価格は全て5800円でしたので、売上総額は¥1,131,000となりました。
お買い上げ頂きました皆様、本当にありがとうございました。

前回に続き、その総額を2つに割り切れる数、1,140,000として、
東日本大震災みやぎこども育英募金*と、いわての学び希望基金*
それぞれ¥570,000づつ寄付させて頂きました。
身代が大きくありませんので、常に、とは参りませんが、
せめて目標額までは続けられたらと思います。
当方の製品をお買い上げ下さいました皆様をはじめ、
フィギュアを楽しんで下さっている皆様に、深く感謝いたします。
ありがとうございました。
PR
■スズメの学校(仮)
 
秋口から秋葉原にオープンしました、海洋堂WFカフェ
そのWFカフェで12/23日の夜、「スズメの学校(仮)」
というトークイベントを行う事になりました。
相方は映画のプロップ制作やリアルフィギュアでお馴染みの寒河江弘さん
20年来の先輩であり6年前、「ワンフェス☆ニジュウ」というイベントを、
共にロフトプラスワンで行った共犯者でもあります。
 
このイベント、最初の打診が一週間前、打ち合わせが三日前で、
しかも毎月開催という鬼企画です。
「無茶言うな!」とも思いましたが、
冷や汗をかくような時ほど、目に見えない歯車は力強く回るもので、
あれよと言う間に、来週金曜日で確定となりました。
本当に毎月行えるかはまだわかりませんが、
今回はそのトライアルも兼ねたプレイベントとなります。
 
「ワンフェス☆ニジュウ」の時は、ワンフェスを振り返る目的がありました。
「モケイ脳」の時は、プラモデルに視点を置いていました。
今回の「スズメの学校(仮)」は、教わる事をテーマにしました。
僕らが教わる立場です。
 
僕は他業でも同業でも、仕事の経験を聞くのが好きです。
知らない事、知っていたつもりでよく解っていなかった事、
そうして得た新しい知識が、篭って仕事をしがちな自分では得難い刺激となるからです。
何日考えてもまとまらなかった考えが、
人と話した数時間でまとまるなんて事もたびたび経験します。
特にここ最近は、衰えた脳へ新しいスキルをインプットする事に必死で、
自分の限界を感じるにつれ、知りたい、学び直したい、という意識は増すばかり。
 
スズメの学校は、そんなおっさん達の夜間学校です。
僕らは、毎回ゲストさんのお話を伺い、時にその場で粘土を練ったりしながら、
あんな事が出来ないか、こんな事が出来ないかと話を広げる事で、
何かしらヒントとなる経験を共有出来れば、と考えています。
 
続けているうちに徐々に変わっていくかもしれませんが、
とりあえずはそんな感じで「スズメの学校」、はじまります。
第一回目は、これから何を知りたいのか、
それを話しあうホームルームのようになると思います。
講師となるゲスト様はお呼びしていませんが、
突発でどなたかに上がって頂くかもしれません。
今回はプレイベントですので、無料となりますが、
人数把握の為、WFカフェのサイトから事前登録をして頂ければ幸いです。
 
UST配信に関しては技術上の事もあって現在検討中です。
あるかもしれません、出来ないかもしれません。
 
では23日、19:00~21:00、お時間とご興味のある方は、宜しくお願い申し上げます。

 
■今週末の10/23、文京学院大学本郷キャンパスにて、
「CGWORLD 2011 -クリエイティブ カンファレンス-」が開催されます。

会場ではCG技術に関する様々な講演、セッションが行われるのですが、
その一環として3D-GAN枠(17:00~18:00 D-4)、
「パーソナル ポーズキャプチャ システム「QUMA」のテクノロジーと有効性」
という講演も行われ、セルシス様、ソフトイーサ様と共に、
浅井もパネラーとして参加させていただく事になっております。
夏に発表されました「QUMA」
未だ開発中にて、未定の事も多い状況ではありますが、
これまでよりはもう少し踏み込んだお話が出来ると思います。

ありがたいことに、自分たちの枠に用意された席は既に満席なのですが、
立ち見でよろしければ閲覧も可能だそうです。
(立ち見でも入りきれない可能性もゼロでは無いので、
絶対大丈夫とは言えないのですが……)

より広いフロアでは、スタジオカラー様や白組様、
ポリゴンピクチュアズ様など、メジャーシーンの最前線な方々の講演も行われ、
こういった技術に興味をお持ちの方にとっては得るものの多い一日では無いかと思います。
天気予報では雨模様のようですが、お時間があるようでしたら、足を運んでいただければ幸いです。
宜しくお願い申し上げます。



おかげさまで、figma100体目として、自分がデザインをさせていただいた、
ミクアペンドが本日発売になります。
(レギュラーナンバーの100であって、実際には既に100体を越えているのですが)
伴いまして、本日より「figma ナンバー100記念キャンペーン」が行われます。
こちらはミクアペンドは勿論、figma商品をお買上げの方に
figam用オリジナルヘッドフォンパーツが付属するというものです。
(配布対象は各店舗様によって違う可能性がありますので、
あらかじめ店舗様までお問い合わせ頂ければ幸いです!)


figmaブログでも掲載されました通り、このヘッドフォンは角度、長さが変更できますので、
限界はありますが、様々なfigmaや、近いサイズのフィギュアに対応できます。
このヘッドフォンは、浅井がデザイン、設計をさせていただきました。
気になってるfigmaがあるんだけど、さてどうしようかな、と悩んでおられた方は、
宜しければこの機会に是非宜しくお願い致します。

ma01s.jpg

そのミクアペンド、先日サンプルを手にしましたが、色々と凝った構成です。
こちらは瞳を閉じた顔+ヘッドフォンの黒。
ツインテールの基部にヘッドアクセサリーがありますが問題無く使用できます。

ma02s.jpg

こちらはノーマルのミクさんに近い顔。
プロジェクトDIVAのモデリングにイメージは近いでしょうか。
今回のミクアペンドを造形してくれたのは、
マックスファクトリーのfigmaキャプテン、越沼君です。
今日のfigamがあるのは、ファクトリーの優秀なディレクターと、
若い原型師さんの頑張りのたまものです。
彼らの今後に、是非ご注目を!

ma03s.jpg

顔、腕、胴体、スカートと、多くの換装部品が付属していて、
スタチュー版のミクのような、展開状態にする事も可能です。
お腹もパンツも見え見えです。
ちなみに、ヘッドフォンを着けましたが、
設定的には、ヘッドアクセサリーの裏面が
擬似6chのスピーカーになってる設定ですので、
ヘッドフォンが無くても音は聞こえてます。
勿論そのディティールも再現されてました。

そんなミクアペンドさんと、レギュラーナンバー100を越えたfigmaを、
これからも宜しくお願い申し上げます。


更に、武装神姫が五周年です!

思えば遠くに来たもんだです。
こんなにも長く愛していただけると、スタッフ誰も思って無かったです。
五周年最大の目玉は、PSPのバトルマスター2発売なのですが、
本日9/3、午前11時より、午後4時まで、
六本木コナミスタイル東京ミッドタウン店にて、
鳥山プロデューサー1日店長イベントが行われます。
このイベントでは、神姫界隈の皆さんにはおなじの、
ゆこアンさん(Amberさん&ゆこたんヌさん)のお二人による、
神姫のカスタム実演が行われます。
フェイスパーツのリペイントや、布服制作の実演など、
神姫者の方ならばとても実になるイベントだと思います!
鳥山P、小河原Dからの開発中神姫のトークもあるようですので、
雨模様ではありますが、東京近郊の方は、是非、足をお運び頂ければ。
USTの中継もありますので、離れた地域の方も、そちらをご視聴いただければ幸いです。

まだまだやる気の武装神姫を、
こらからも宜しくお願い申し上げます。

 先週のワンダーフェスティバルでは、
当方のブースにお越しいただき、まことにありがとうございました。
また、武装神姫トークイベントのUST、
朝まで生ワンホビTVを御視聴頂いた皆様にもお礼申し上げます。

さて、そのワンダーフェスティバルにおきまして販売した製品「ハイドファイア」の多くに、
髪の毛の部品が欠品している事が判明致しました。
欠品している可能性の高い部品は、こちらの画像の3点になります。

77998b9b.jpeg

後頭部、前髪2種の計3点です。
既にご連絡頂いた方につきましては、現在発送を手配中です。
まだご確認頂けていない皆様は、お買い上げ頂いた製品をチェック頂いた上で、

1 郵便番号
2 送り先ご住所
3 ご氏名
4 可能ならば電話番号

以上を、 
apsy@plastica.jp
まで、「不良欠品について」というタイトルでご連絡下さい。
不足部品を、ヤマト運輸のメール便にて発送させていただきます。

また、マニュアル表記で黒部品=22、となっておりますが、
こちらは黒部品=24が正解です。

お手数とご迷惑をおかけして、大変申し訳ありません。
以降、このような事の無いよう勤めて注意して参ります。
よろしくお願い申し上げます。

浅井真紀


[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
twitter
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
最新トラックバック

忍者ブログ [PR]