10代の記憶 忍者ブログ

今から16年くらい前の話になります。
当時、越智一裕さんと親交を持たせて頂いており、
仕事場にお邪魔させていただいた事がありました。
しかし途中、越智さんが急用で外出され、
仮宿の仕事場だと言う一軒家で、ボーッとあたりを眺めていた時、
手持ち無沙汰を察してくれたのでしょう。
眼鏡をかけたアニメーターさんが話しかけて下さいました。

「ジュラシックパーク、観た?」
「観ました」
「日本の怪獣映画、どう作ったら面白くできると思う?」

作画机に、「空飛ぶゆうれい船」のゴーレム(海洋堂のソフビ)を乗せ、
お仕事中でお忙しかったであろうに、まだ十代の小僧相手に、
2時間程も相手をしてくれたその方とは、
互いに名乗る事も名乗られる事も無く、
ただ延々と怪獣の話をしていました。
OVA孔雀王(多分「真孔雀王」)の、
天蛇王の作画をされていた事をよく覚えています。
越智さんが戻られ、その場を去る段階となって、
初めて自己紹介をさせていただいた時の衝撃は忘れません。

「浅井真紀と申します」
「あ、かなだといいます」
「かなだ……さん?」
「金田伊功です」

頭が真っ白になりました。
それまで話していた気軽さはどこへやら、
5分ほど、ガッチガチになって、金田氏に如何に影響を受けてきたのか、
作画の違い、という概念を初めて意識しだしたブライガーのオープニングや、
食い入るように何度も何度も見返した、ペジテのガンシップなど。
途端にめんどくさいアニオタの本性を見せた小僧に、苦笑されながら

「描いてる本人はこれが普通だと思ってるから」

以降お会いする機会も無く、
当然、浅井の事など覚えてはおられなかったでしょうが、
僕にとってはささやかな自慢でした。

金田伊功さんのご冥福を、深くお祈りいたします。
 

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41
twitter
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新トラックバック

忍者ブログ [PR]